タイから東京出稼ぎ起業家・表現者ジェニファー。のブログ

元駐妻・のち現地採用そしてタイから東京出稼ぎ記録。2児の母だけど1人でタイから東京乗り込むよ。働きながら起業してマジ熱く生きるぴゅあぴゅあジェニファーのブログ。

日本への思い。離れているからこそほしくなる。

ハローカップ!まもなくタイでの現地採用勤務が終わりを迎えようとしている。

 

今日は職場の方から、今川焼をいただいた。ねぎらいの言葉とともに。

 

ジェニファー、明るさと気合だけは人一倍あったけど、結果としては何を残せたんだろう・・・。

 

やっぱり残ったものは、「あの人、明るくて気合だけはすごかったよね・・・」

 

っていう印象なのかな。会社を変革するというのは一筋縄ではいかないことを身をもって知ったのであります。ハイ。

 

今日は午前中、お片づけをしていたんだけど

 

社外でも懸命に調べ物をしたり、他の部署に出て行って話を聞いたり調査したり、結構一生懸命取り組んでいたなーと思った。

 

調べた内容の資料が膨大にでてきた。

 

こんなに頑張れたのは、すべてある方のおかげなんだけれど。

 

いろいろあったけど、お金をいただきながら学ばせていただいた。

 

必ず、この経験と学びは、これから先も生きると確信している。

 

それに、ここで得た素敵な仲間は一生ものだもんね。

 

日本の花火が好きすぎて機内泊・日本0泊でタイから新潟まで行っちゃうRくん。

 

ITの天才で、いつかスティーブジョブズみたいになりたい。アメリカに行って起業するのが夢と語ってくれたPくん。

 

いつもタイ語を教えてくれた聡明で優しいBちゃん。

 

品が良くて※気持ちがいい人たちだ。

 

で、今日いただいた今川焼だが、本当においしかった。

 

東京や北海道に住んでいた時は、1年に1回食べるか食べないかの食べ物。

 

てかむしろ、忘れてる系の食べ物。なくてもぜーんぜん困らないし、たい焼きのほうが好きだし―とか思っていた。

 

それに近年の健康志向なジェニファーにとっては

 

「道産小麦のオーガニック餡のたい焼き」とか

 

長野の「やさいおやき」(野沢菜など、野菜を中心とした具が入っているとことんヘルシーなおやつ。見た目は、色気のない肉まんみたいないでたちだった。私が貰ったタイプは。)

 

そんな風にして、今川焼なんて目もくれていなかったのに・・・!

 

涙を流して喜んでいる自分がいる・・・!!

 

とっておきの今川焼タイムのために、お腹を空かせ、おいしいコーヒーも淹れ

 

ステキな和のお皿にのせ、最高の状態でいただく!!

 

あーーーーーーーーーん♡

 

わー、わー、なんておいしいーーーーの!!!!!

 

ジェニファー、泣いちゃう。うるる。

 

 

今川焼屋さんは、ショッピングモール内に常設しているとのこと。

 

そーいえば。

 

XJAPANのYOSHIKIも今川焼が好物だったっけ。

 

あのヨシキも、日本にいたときは、「今川焼なんてけっ」

 

とか思っていたかもしれないけど

 

彼はアメリカ生活が長かったはず。

 

離れているからこそ、急に愛おしくなって

 

買い占めてしまったのかも。

 

冷凍庫にみっちり入っていたという曰くつきのヨシキの冷蔵庫。

 

よしきとなんとなく、心が通じた気がする笑

 

今川ジェニファーでした。

 

※品が良いの定義:ふるまいだけでなく、人の成功を一緒に喜ぶことができる心がまっすぐな人のこと。=品がいい

 

読んでくれてありがとう

 

ばいなーら♡

 

f:id:yococot52:20170612112530j:plain