わたしHSP、息子アスペ、娘ダンサー    シングルマザーJの「心地よく生きる」

ようこそ花盛ジェニファです。都内で【歩く瞑想】【セロトニンものまねお茶会】不定期でやってます。ウォーキング講師/HSP看護師芸人。 敏感気質なのに40年間知らなかった。ストレスに弱いのに強いふりして無理してた私はHSSだった。 心の整理が毎日必要で静かな環境が必要だけど2人の子育てなんとかしながら「心地よく生きる」を探しストラグルな日々をつづったブログ。

最近はこちらに書いてます

HSPエッセイスト花盛ジェニファの夏の挑戦|花盛ジェニファ|note

 

HSPエッセイスト花盛ジェニファの夏の挑戦花盛ジェニファ #note 

 

白T2枚の買い足しで夏を乗り切れるか?

 

やってみるべし〜笑笑〜

 

みなさまいつも温かい応援ありがとうございます♡♡

 



f:id:yococot52:20200607083258j:image

 

 

爆発母さんと自閉症スペクトラム君との生活②。

利用者さんが「コロナってどんな顔だろうね~かわいい顔なのかな~」って言ってた。

 

コロナを人だと思っている・・・。

 

最強・・・。

 

今週もジェニファー家、仕事に学童保育にみんなよくやった!!

 

ぽよらく、お金をしょっちゅう数えているため

床に‥小銭が転がっている。

 

それもほぼ毎日。

 

ガムテープやセロテープやひもや制作に使うものも、結構な頻度で転がっている。

リビングに。。。💢

 

アトリエで制作するように伝えているが

 

アーティストには通じまい。。

 

ちなみに、アトリエの入り口。

 

こういうのをささっと作っちゃうのはホント、アーティストだよなぁ。

 

けっこうかわいい。↓
f:id:yococot52:20200423213950j:image

 

床にある本をすべて本棚に立ててくださいと言っても

 

こーなる。

 

f:id:yococot52:20200425103618j:image

 

脱いだ服はかごに入れることになっているが

床に脱ぎっぱなし。

 

くつは、バラバラが基本で

玄関ではなく室内に飛んでることさえある。

 

ピンポンなったら基本的に靴下で出る。

 

鍵は決まった場所に戻さず

どこかに適当においておく。

 

これらのことが

同時に起こったため

楽しいウクレレパーリーの夜が

ダイナシ‥

 

爆発母さん、キレてしまいました。

 

ぁぅぁぅ‥

 

あたしゃのことを

呼吸が浅いだの

なんだのって

 

 

うるさいーーーーー

 

むかつくもんはむかつくんじゃ!ーーーーーー

 

誰だって怒りたくなんかないんじゃーーー

 

 

 

 

 

ということでいっぱいいっぱいになった夜も超えて

 

今日の東京は晴れ。

 

大地は確実にうごめいている。

 

で、ぽよらくにこんなものをもらった。

 

1億円!!!


f:id:yococot52:20200425092055j:image

利用者さんと

ゼロを数えてみた。

 

10億だった!!!!!

 

まじかーーーー!!!

 

理由は

 


f:id:yococot52:20200425092112j:image

 

美人賞、らしい。。

 

笑う。

 

世の中のネガティブな面をみればきりがないけど

 

こういう子どもの無邪気なプレゼントに心癒されたり

 

ものごとのいい面に

 

目を向けるのは

 

いいな。

 

だからといって

 

ポジティブで明るい方ばかりに

 

無理に目を向けるのではなく。

 

いつもポジティブでいる必要もなく。

 

無理しないで

 

まんなかにいるのが

 

心地よいな。

 

燃え尽き症候群についてのエッセイがついに…

NOTEというアプリで読んでいただける記事をアップしました。

途中までは無料で読めます。

note.com

 

自粛で暇すぎ気が向いてウクレレ

https://youtu.be/BqYfXrF7fq0

 

初出版はハッピー脳でストレスフリーダイエットに関する本でした↓

 

 

自閉症スペクトラム君との生活。

Hiジェニファーだよ😊

 

お天気のいい日は

 

お昼休みに家に帰って息子のぽよらくと過ごすようにしている。

f:id:yococot52:20200413070512j:image

私自身も安心し、癒されるから。

 

※ぽよらく:コロナの影響で小学校お休みのため、在宅にてYouTuberなう。


ぽよらくの大好きな白くまと3人でお散歩。

 

f:id:yococot52:20200413130739j:image

白太郎と申します。↑

 

ぽよらくとの暮らしについて。

 

私はノーマルになっているけど

きっと普通じゃないことを列記してみよう。

 

特徴①噛むオトコ。

 

彼は何でも噛んでしまう。

 

彼の鉛筆↓

 

学校で使っていた鉛筆。

 

なぜか噛みまくったあとが。。
f:id:yococot52:20200413130347j:image

こんなものまで噛む。

f:id:yococot52:20200413070635j:image

1円玉。

 

それで歯茎が腫れて痛がっていたのか。。

 

歯痛かとすぐにつれていったが定期健診終えたばかり。

 

はて??

 

週末にお掃除したら、部屋中から、平べったく噛まれた1円玉がたくさんでてきたので

 

歯茎の腫れはそのせいだったと思われ。

 

特徴②トイレ流さない問題。
f:id:yococot52:20200413070731j:image

仕事からかえると

 

大が流れていないことが。。

 

しばしばあるため

 

ジェニファー、不快を感じ

 

対策1。

 

初めは

 

口頭で伝えていたが

 

もはや10000回くらい言って疲れたので

 

 

対策2。

 

流す!

 

の張り紙を、彼に書いてもらい貼ってみた。

 


f:id:yococot52:20200414030131j:image

 

初めの数日は少しよくなるも

 

張り紙の効力はいつしか消え失せた。

 

しかも貼り紙↑にナゾの茶色いヨゴレ?!

 

何??まさか‥リアルに、う○こではあるまいな???

 

う○こ色を書きたせば流せると思ったのか??

 

ぽよらくに聞いても知らないという。

 

茶色いシミについては謎のまま。

 

結果:

 

トイレ流しに関しては紙に書いたもの=効果低。。

 

 

対策③

 

次は罰金制度を導入。

 

徴収したお金は旅行基金として

 

ママ会社に没収されるシステム。

 

しかし

 

彼はお手伝いをして稼いでいるので

 

罰金を支払うことが苦ではないらしく

 

実のところ、あまり効果なし。。

 

hahaha...

 

(文字に起こすと笑えるんだけど

 

実際一緒に暮らしてると、大変だよー😅)

 

 

 

それはさておき

 

ぽよらくは心優しい子。

 

ぬいぐるみを大切にしている。


f:id:yococot52:20200413173257j:image

 

白太郎があまりにでかいので、

 

ジェニファーは

 

でかちゃんとよんでいるんだけど

 

ぽよらくは気に入らないらしい。

 

 

 

 

でも

 

ぽよらくに呆れられても

 

でかちゃんはでかちゃんなので

 

呼び名を変える気はない。

 

ぬいぐるみにマスクくらい

 

意味ナッシーーー。

 

f:id:yococot52:20200413070745j:image

 

ぽよらく:

 

白太郎ってよんで!ママ!!

 

J:

 

じゃ平八郎は??

 

ぽよらく:

 

あ、き、れ、た‥

 

今年とても役に立ったもの。

しろくまぽい白ダウン来てる。

UNIQLOの150。

スマイルえみとお揃いなの。
f:id:yococot52:20200414085336j:image

 

ちなみに我が家の大老

 


f:id:yococot52:20200414030803j:image

 

さるぐつわではなく。

 

こちらもマスク。

 

 

 

 

 

話はそれたけれど

 

 

特徴③暗闇を怖がる。

 

自閉症スペクトラムの典型。

 

消灯後、水飲みに行ったりトイレに行く異様に怖がる。

 

ぅうぅう。。怖い。。

 

対策→明かりをつけておくか、将来は自動点灯にする。

 

④トイレの音が大きすぎて流せない。

自閉症スペクトラムの典型。

 

対策→ヘッドホン🎧を購入するも、流すこと自体を忘れるので意味ナッシー。 

 

将来は自動で流れるようにトイレを変えることも検討。

 

 

 

自動にするのは

私がいま考えていることだけど

金銭面に余裕がでたら

やってあげたい。

 

怒るよりも

 

環境をかえることでお互いに気持ちよく暮らせるならそれでいいじゃないか。

 

以上

 

日常のいちページだけど

 

こんな感じで

 

何回同じことを説明しても伝わらない辛さはあるにはある。

 

疲れるときはある。

疲れてるときは

キレちゃうときもある。

 

けど

 

彼は性格がよく優しく賢く

人より秀でていることがたくさんあるのだ。

 

 

いきなり、こんな画像をつくったり。
f:id:yococot52:20200413071514j:image

 

誰も教えていないのに。

 

 

 

 

みんなでこぼこ。

 

みんなちがって

 

みんな

 

いい。

 

ジェニファー、試される大地!!

 

 


f:id:yococot52:20200413174015j:image

 

 

田村ジェニファー著
ストレスフリーダイエットの本

初出版のため読みづらいかも…もーーーしわけございませんっ。

www.amazon.co.jp

 

 

 

不器用すぎるママが子育てするとこーなる。

Hiジェニファーだよ。自粛を利用して読みたい本を探していたら

心がぽきっと折れてレシートの後ろに絵をかいていたら本を出しちゃったという人の本を見つけた。面白そうだから買ってみた。


レシートと言えば、スタバでレシートひたすら破ってる人を思い出した。

 

隣の席で

 

レシートをいっぱい

 

ちいさな格子型にひたすらちぎっていた。

 

ジェニファーは小説を書くのにしばらく集中していて気が付かなかったんだけれど。

 

気が付くと

 

トレーの上に

 

まるで

 

盛り塩みたいに

 

盛られていた。

 

 

f:id:yococot52:20200412104432p:plain

 

彼女も心がぽきっと折れてしまったのかもしれないし
レシートを破るという反復運動で心が落ち着いたのかもしれない。

 

何にせよ
心がぽきっと折れることはあるもので
それ自体はいいことではないけれど
そのあとに
見えてくるものが絶対ある。

ーーー

心が虫レベルにちっちゃいお母さんの子育ての話。


この春、保育園が終わって学童。

 

時間通り出られないので
朝、おっきい声で怒鳴り散らすことが
まだある。
だいぶ減ったけど。

 

すまいるえみもアーティスト肌なので

「自分時間」があり

そのゆっくりとした時間の中に生きているので

現実世界の時計は彼女には早すぎるらしい。

メルヘンの世界でだけ生きられればいいのだが

現実の世界は60秒1分と決まっているため

 

彼女のペースをぎりぎりまで尊重していると

私が遅刻しそうになる。

 

ジェニファー、心の平和のために

時間に余裕をもって行動するのを心がけているので

ぎりぎりまで猶予してあげてるのに

それかよ!!!!!

 

って最後はキレてしまう。。。

 

怒りたくはないんだけど・・・。

 

ウクレレを弾いてあげると気持ちよく起きてくるし

曲の間に着替えないと終わっちゃうよ―――というと

けっこうぱぱぱっと出かける準備ができることもある。)

 

 

そういう自分を鑑みるに
自分は大人なのだから
子どもたちがちゃんと出られるように
準備をしてあげる存在なのに

子どもができないからって怒ってる。

 

怒ってる自分を

イケてない人間だと反省し

自分にもむかつく。

 

 

なんだよなんだよ。

もう!!!!!

 

 

 


早く大人になってくれよ!!!
自分のことくらい自分でやれるようになって勝手に学校行ってくれよ!!!
私の朝時間を怒りで充満させないでくれ!!!!

 

 

出勤前に自転車をこぎながら、どうしようもなく怒りがこみあげてくる。

 

こんな言葉が、ぼうっと頭に浮かんでくる。

 

「私は子どもを育てられるレベルまで人間出来てないから子なしの選択をしたの。」

 

ダブルインカムノーキッズを選択した友人の言葉である。

 


・・・

 

主席で卒業し、話していても頭が良くて優しくて、なんでもできる友人の一言。。。

この人が言うんだったら私は虫以下。

 

ちょうちょとかとんぼとかかっこいい虫じゃなくて

春になってでてきたものの、寒くて消え失せちゃうような

ふらふらした小さな虫。

 

f:id:yococot52:20200412104908j:plain


不器用で、人の言ってることもわかんなかったり興味なかったら無視しちゃうこともあるし

人嫌いは激しいし(最近まで知らなかった)

なのに・・・

ノリで子どもが2人。

 

3人欲しいってときもあったけれど流産して2人。

その子の分まで二人とても面白い人たちがこの世にやってきてくれた。

 

自分にとってはこの2人でよかったんだって今は思う。

人数的にも2人でもお手上げだった。

 

かなり面倒見のいいパパが居てくれたにもかかわらず

子どもが言葉を覚える前は特に頭がおかしくなりそうなときもたくさんあった。

 

これまで10年間子育てしてきて

ふたりとも今年でやっと小学生。

タイでスーパーナニーのてぃぱさんが居なかったら私はとっくにお手上げだった。

 

そう・・・。

ママは・・・

子どもを育てられるようなできる人間では全くない。

 

心=虫。

 

心虫。(こころむし。)

 

虫心。むしごころ。

 

意味なし。

 

 

 

 

 


だけど

君たちが一緒に暮らしてくれているので

ママはなんとかかんとか

自分なりに

でこぼこ子育てやってる。

 

 

最近思うんだよ。

むしろ・・・

彼らはママを助けるためにやってきたのでは・・・。

 

だって、子どもたちのほうが何でも上手だし頭もいいし何も教えないのにできるし

すごいんだもんね。

あとはこの人たちがおっきなひとになるまで

ママはごはんを食べさせるからね。

何があってもひもじい思いはさせないわ。

豊かな感性をもっと伸ばしてあげられるような環境を作ってあげたいの。

安心して住めるような家も買ってあげたい。

 

 

親にできることって応援だけ、でしょ?

あとは私のポリシーは

人生って面白いことを見つけていく宝探し、ってこと。

 

小さなことでも
くだらないことでも

ぷぷぷって

笑いをいっぱい見つけていこう。

 

さっきファントミラージュで言ってたけど

「自分を分かってくれる仲間」っていいな。

その言葉にハッとしたよ。

離れてても、会えなくても

定期的にLINEしている友達がいる。

やっぱり私のクレイジーをまるごと受け止めてくれている友人たちって

宝だな。

本当にありがとう・・・。

 


f:id:yococot52:20200413070240j:image

そしてハプニングは

続く‥

 

 

北海道の月寒みそパン。

なぜか誰も好きじゃないけどww

母が送ってくれた。

 

大事な食料‥

 

 

気がくるってる暇なんかない。自分との会話。

Hi,ジェニファーだよ。

最近どう?

疲れてない?


こちらは明日がどうなるかわからない状況の中で
落ち着かないのは確か。

 

けれど
朝は来るわけで。

 

朝通勤で歩いている時に感じたの。

どんなに世の中が混沌としていても

太陽は昇り日は沈む。

花は芽吹き、草は地から生える。

 

ジェニファー

その日その日を
かみしめて生きてる。

 

f:id:yococot52:20200408183757j:plain

 

YOGAスタジオが空いていないことと

隣町の保育園から家からすぐの学童になったことで

こどもたちとの時間も少しずつ増やせてる。

 

彼らはとても面白くて癒されるので
こんな状況の中でも希望の光だ。

 

学童のあと公園で
遊んでいるとき
スマイルえみが木のぼうを杖にみたててを突然占いごっこがはじまった。

 

鑑定料10円というちっちゃい占い師のところに行ってみた。

 

J:「小説家になりたいんです。どうでしょうか。。」

 

占い師「・・・・・MMMMMMMM(てをこねこねして何かをうなっている)・・・・・・はい!なれます!一番の小説家になるでしょう!!」

 

自信をもって、まっすぐ前を向いて、はっきりと答えたスマイルえみ氏。

 

なんだかママはとてもうれしかった。

 

作家になるのは今後の夢の一つ。

 

 

 

素敵なこどもたちが私の元に居てくれて

本当にありがたい。

ありがとう、ありがとう。

 

この事態で

暗くなっているのは大人だけ。

 

子どもたちは

いつでも

その時その時を楽しんでいる。

 

 

陽子とジェニファーの対談。

 

J:確かに、やるせない気持ちになるときはあるし、まったく不安がないといえばウソよ。

 

でも、意外とダイジョブなの。

 

公園に行ったり、そこでYOGAしたり、仕事で邪気を感じた時は塩で洗ったり

いい具合に気分転換できているのだと思うわ。

 

だいすきなカフェは空いていないけれど

2番目によく利用するカフェは空いているし

 

仕事とお迎えのあとは

そのカフェに1時間だけ行って

こうして自分の気持ちを整理したり

小説を書いたりしている。

とてもいい時間。

 

Y:ほんと、意外ね。

もっと荒れているかと思ったわ。

 

J:荒れたってしょうがないのよ。

気がくるって、何が状況がよくなるわけでもなし

「気がくるってる場合じゃねーからさーっ」て所長が言ってたけど

本当にそうで

気がくるってる場合なんて1秒もなくて

さあ、この閉じ込められた状況をどうやって面白くするか、なのよ。

 

この状況を

どう乗り切るかってことで必死で

気がくるってるのは暇な人のすることだわ。

 


目は前についているんだから

前に進むしかないのよ。

 

結論。

気がくるってる暇なんかない。

 

てか、それ以前に

 

すでに、気がくるってるのか?!

 

かしこ。 

 

f:id:yococot52:20190705094201j:plain

 


田村ジェニファー著
ストレスフリーダイエットの本

初出版のため読みづらいかも…もーーーしわけございませんっ。

www.amazon.co.jp