わたしHSP、息子アスペ、娘ダンサー    シングルマザーJの「心地よく生きる」

ようこそ田村ジェニファーです。都内で【歩く瞑想】【セロトニンものまねお茶会】不定期でやってます。ウォーキング講師/看護師芸人。 敏感気質なのに40年間知らなかった。ストレスに弱いのに強いふりして無理してた私はHSSだった。 心の整理が毎日必要で静かな環境が必要だけど2人の子育てなんとかしながら「心地よく生きる」を探しストラグルな日々をつづったブログ。詳細はコチラ。https://ameblo.jp/tori52/

ほめられたらうれしい。でもほめられなくてもいい。嫌われ覚悟 本音シリーズ2

Hiジェニファーだよ!covit19に負けちゃだめだよ!

呼吸を深くして、気を強く持っていこう!!

 

鼓動は聞こえるし

呼吸もしている。

 

自分が今生きていることに

意識を向けてみると

いろんな細かいことが

どうでもよくなってくるよ。

 

 

前回の美人シリーズに引き続き。嫌われ覚悟 本音シリーズ2行くね!

 

ジェニファー子どもの時から

誰からも好かれたいと
思っていた。
嫌われるのが怖かった。
異常に。

 

おばあちゃんが鬱ぽくて暗い家だったから

つねに明るくしようと

モノマネしたり笑わせようとしたり

子どもながらに頑張ってた。

 

それで

家族や親戚からでさえも
好かれたかったし人気があるか、興味を持たれているかどうかが

とても気になった。

 

インストラクター業になってからは
お客様からはもちろん
まだ見ぬお客様からも。

友達からも
仕事仲間からも。

とにかく嫌われるのこわかったデス。


でも
今は
違う。

 

賛同してくれる人がいれば
嫌う人もいる。

 

嫌われるのを怖がっていたら
本音のメッセージなんか
届かない。

 

嫌われてもいいし
むしろ
嫌われたほうがいい。

 

 

本題。


ほめられたらうれしい。でもほめられなくてもいい。むしろ気持ち悪い褒めなら要らない。について。

 

仕事をしていて

ほめられたらうれしい。

それが真実の言葉であれば

ありがとうと気持ちよく受け取る。

 


日々の生活で

肉体的に精神的にきついこともたまにある。

だけどそんなときに

ほめてほしいとか

おもわなくなった。

やることやってるだけだし。

 


誉め不要になったのは

自分で

自分をねぎらえているからかもしれないし

それを超越して

自分で自分を瞬間瞬間GOODできてるから←無意識

べつに

人の評価とか褒めとかいらない。

 

自分がほめてほしいからほめてくるひととか

なんかめんどくさいときさえある。

 

 


私は

完全態(本来の自分と統合)になってからというもの

ひとの「誉め」が要らなくなった。

誉められなくても

完全態だから

いらない。

飾りいらない。

 

f:id:yococot52:20200408185700j:plain

 

本当にきれいなカラダの人は美しい骨と筋肉がアクセサリー。


美しい肉体にアクセサリーは不要。

名画に描き加え無用、と同じように。

 

自分が完璧と言っているわけではない。

むしろ逆で

不手際をこのブログにあげているように

あまりに不完全過ぎる。

 


頭に浮かんでくるのは意味ないことばかりだし

意味のあることなんか全然思い付かない。

 

 

体はいつもあちこちどこかにぶつけるし

視野狭窄により大半のことが見えていない。

忘れ物常習犯。

 

 

気をつける訓練はするんだけど

それでも常時ハプニング大賞


要は‥

不完全で不手際ばかり。

だけど

それが

自分。

開き直ってるのとも違うんだけど

その不完全な形を

そのまま

ぁぁ、これが、私よねーーー

って

受容100%する、っていう表現で

伝わるだろうか。

 

きれいな正方形じゃないんだけど

でこぼこして全然きれいじゃないんだけど

うぅぅうぅぅぅぅぅーーーこれが自分よね!!このフィギュアが愛らしいよねもう!!!みたいな、えーと感覚。

 

思い込むとかじゃないんだけど。

 

そういう感覚かな。言葉にすると。 

 

 

 

前回の記事とはうってかわって

心のことを言ってる。

自分の心と自分自身が一体化し

心が完全態だから

誉め言葉とかいらない。

自分からも無用な誉め言葉は発しない。

本当にすごいとおもったときだけ

伝える。

 

 


それから

誉めてほしいと思っている人は波動で分かるので

そういう人には

誉めない。

めんどくさい。

私がそれをいって

一時的にその人が気分が良くなったところで

その誉め言葉はその人にとって「一時しのぎのロキソニン」に過ぎないから。

 

 

本当に大切なことは

その人が

周りの人の誉め言葉ではなく

自分自身が

自分自身を

完全な形で受け止められたとき、、、

つまり

自分と統合することで

誉め言葉が不要になることだ。

それは

その人自身のタイミングで起こるものだから

私が何かがんばることはできないんだけど。

 

 

私はそれを傍観している形になる。

統合の仕方なんてきっとひとそれぞれだから

言葉にしてオシエルなんてできないけど

 

 

一つだけ言えるのは

自分の心に

うそをつかない

ってことだ。

 

 

大脳で感情を抑え込んでいると

感情がわからない。

感情がわからないと

ウソをつき続けることになる。

それを繰り返し続ける限り

本当の自分と統合することは難しい。

 

べつに本当の自分と統合しなくてもいいって人はいるかもしれないけど

大脳辺縁系という自分の本能にアクセスできなければ

一生ペルソナをかぶったままで

すごす

いわば能面のような人生になってしまわないか。

 

心地よさを味わって生きる人生にしたいなら

本当の気持ちを
自分自身の本当の心を

かんじたり
わかったり
することが

一番大切なことだ。

 

f:id:yococot52:20200408185741j:plain

 

自分らしい美VS 誰かが決めた美の基準

【自分らしい美】VS 【誰かが決めた美の基準】について思いを巡らせてみた。

 

文末の記事以外に、そういう内容の記事が多かったので。

 

ジェニファーの結論。

どちらでもないし、どちらもそう。

 

この二つには、順番があって

 

【誰かが決めた美の基準】=伝統、基礎、クラシックとすると

 

基礎を徹底的にかためてから

 

自分なりの美に到達する、と考えている。

 

ダンスで例えるなら

 

バレエで徹底的に基礎をかためた人は

 

どんなジャンルのダンスをやってもさまになるように、だ。

 

  f:id:yococot52:20200408183253j:plain

 

ジェニファーはフツーの人間。
顔だちもともときれいなわけじゃなし
お父さん譲りの大きな顔に骨太。

 

 

最高にかざりたてたところで
フツーだったりするいっぱんぴーぽー。

だ・か・ら

 

27歳までは「自分なりの美」とやらに固執していたんだけど

 

それでは、限界があるし、現時点で自分は美しくない。

 

このまま醜いまま人生終わるのかな。って怖くなった。

 

「美人になるために美人の話を素直にもっと素直に聞けば、伸びしろがあるのかもしれない」と考えた。

 

よーし、そうなったら

 

【誰かが決めた美の基準】とやらを


素直に
疑わず
実直にやってみた。

 

美に関する本はムック本も合わせると200冊は読んだだろう。

 

 

まずはきれいな人の言うことを徹底的に絶対服従的にマネする。

これはやり切った。


モデル、芸能人、ウォーキングの先生、めちゃ美人な友人たち。。

 

 

キレイな人は絶対にそのひとならではの秘密があるし
メソッドがある。それを聞けるときはすかさず聞く。
取り入れる。

 


その時の自分に合わないものは淘汰されていくが
自分も変わるんだから
自分なりの美も変化して能うべし。

 

そんなこんなで現在40歳。

 

今は自分らしい美を苦なく体現できているし
苦なくキープできていることに
満足している。

 

「だからってこれでいい。終わり。」とは思っていない。

 

日々変わっていく心とともに
カラダも年齢とともに変わっていくものだから。

 

怠けることもあるけど
それで自己嫌悪にはならない。

 

レーニングは
自分が
やりたいからやる。(covit19の影響により今週は週9でパワー系YOGAを。これがほんとの週9(キュー)二日制という。)

 


f:id:yococot52:20200408183757j:image

 

きもちいいから
やってるのが一番。

 

「苦しいけどキレイになりたいから」って言うのは
自分には向かないとわかっているので
気持ちいいことを
続けていったら
いまの体になった。

 

ホワイトニングとか美容に関しては

 

メンテナンスデイを設けて

その時に「ながら」でやる。

 

お風呂に入りながら、とか。

 

お掃除しながら、とか。

 

 

【誰かが決めた美の基準とか・・・】って言う人。

 

でも心の底では

 

「美人になりたい!きれいになりたい!!」って思ってる人。

 

 


「誰かが決めた美」を批判する前に
絶対服従して、それをやってみろえ。

 

それを極めた後に
自分なりの美が
わかってくるんじゃ。

 

それが嫌なら
美の追求はその人には向いてないので
あきらめればいい。

 

私は心は男だけど
(恋愛対象は男性ね。考え方とギリシャ神占いでは男性、てだけ。)

せっかく現生は
女性に生まれたんだから

「美しい女性でありたい」

っていうポリシーで生きている。

 

 

 

それを強要するつもりはない。

ただ

美について聞かれたら

こんな風に

応えるかな。

今は。

 

気になったのは、 この記事。↓

 

www.vogue.co.jp

 

 

最後に

この記事に関しては、異論はない。

 

アスリートはアスリート。

美を求められるのは分野がちがうよね。

 

 

 

 

ちなみに、ある人によれば

 

ジェニファー、前世アフロディーテだったらしい。。。笑う。←(タイ人の友達風。)

 

 

 

f:id:yococot52:20200406070356j:plain

 

わざとじゃないんだけど。シーツ袋の謎。

Hi, ジェニファーだよ。

お家や近所で過ごすことが多い休日・・・。

 

お片付けも断捨離も心すっきりするし楽しいけれど・・・

 

お出かけしたいなーとか、気持ちもいろいろ疲れちゃったーって、うつうつしちゃうときもあるよねぇ。。

 

そんなときみんなは何してるのかな。

 

ジェニファーはYOGA以外では

 

美しい人の写真を見るの。

 

ウフ♡本当にキレイ。
f:id:yococot52:20200404160401j:image

そして、明るくて、性格もよさそうだわ。

 

輝いている。

 

こういう美女の写真をスマホにストックしておいて

 

キレイ菌をもらうの♡

 

リリーさんが言うところの「キレイ菌」よ!

 

さて・・・

 

ジェニファーのふつつかな日常はひどいものだわ。

 

子どもの給食用にマスクが必要で

 

メルカリでやっとみつけてオーダーしたら

 

ひもなしの「インナーマスク」とやらが大量に届いたの。
f:id:yococot52:20200404160532j:image

・・・
f:id:yococot52:20200404160549j:image
な、なんですか、これは・・・

 

しめて7000円を超えたのよ、、オーダーだったから・・・。

 

一体全体これはなんなの???

 

いつ使うものなのかもよくわからない。。。

 

とにかく、オーダーしてしまったものはしょうがない・・・

 

 

 

 

 

 

ヨガとヨガのあいまに

 

いきなりお腹がすいて

 

こんなものを食べたわ!!!

 

もう!!!


もしものためのストックなのに!!

 

バカ!!!

 

昼前の11時のこと・・・

f:id:yococot52:20200404163259j:image


我が家の天才はYOUTUBER。

 

紙粘土で銀のYOUTUBEボタンを作ったらしい・・・。
f:id:yococot52:20200404160646j:image

もうひとつ。

 

わざとじゃないんだけどまた騒動を起こしたわ。

 

保育園の最終日。

 

お礼のお菓子とプレゼントにお手紙を用意周到に持参し

 

感謝とともに穏やかに去ろうとしていた私。

 

スマイルえみ「ママ―、シーツじゃないよーシーツ袋だよーーーー。」

 

ジェニファー「え?え?シーツ?袋??」

 

大きな作品を持って帰るのに、大きめのバッグが必要だったようで

 

「シーツセットを入れていたような大きなバッグ」=シーツ袋

 

だったらしい。

 

ちょっと言葉がわかんない時があってねぇ・・・。

 

ジェニファーの頭の中↓

 

(シーツ袋って

 

子ども用シーツって、袋になってるから

 

大きな作品をチャックに入れられるし、雨にも濡れないし、先生、やるな―――!シーツに入れるってか!斬新だねえ)

 

 

という考えに至り

 

スマイルえみに、シーツを持たせたのであった。

 

スマイルえみによれば

 

「先生に、ずっとシーツ持ってきてたの??」

 

って言われたよーーー。

 

担任の先生、やめちゃうから、ラストの日だったのに・・・。

 

最後くらい、しっかりしたとこ、見せたかったのにぃ・・・。

 

もーーーーーしわけございませんっっ

 

てことで

 

自分励ましに

 

だいすきな人の写真みるゾ。

 

フランス女優ソフィーマルソーだぞぃ。

 

エキゾチックで本当にチャーミング。

 


f:id:yococot52:20200404160415j:image

ヨガのおかげで

 

ポジティブでも

 

ネガティブでもない

 

真ん中のところに

 

おちついたところに

 

心を置けている。

 

今日もヒョガができることを

 

感謝します・・・。

 

ナマステ・・・。

 


f:id:yococot52:20200404163420j:image

 

そして店舗間違いやーーー

 

間違いのオンパレードやー

 

 

 

 

 

「こんな所」が、心地いい

Hiジェニファーだよ


f:id:yococot52:20200322075009j:image

平日のお休みは貴重な時間‥


代々木上原 カフェ ルヴァンへ。


お腹空いてないから


美容室のあと


チーズとワイン。


ひと切れカンパーニュ食べたい、って言ったら


付けてくれた‥


そういう


自由でしずかで自然な‥


カフェ。


f:id:yococot52:20200322075051j:image

ルヴァンにおいてある本は面白い。
この本を読み切って


出てきた。


ルヴァン創業の甲田幹夫さんは


パンを作るだけじゃない、アーティスト。


彼の絵や文が飾ってある。


f:id:yococot52:20200322075109j:image

美容師さんに教えてもらったチョコレート専門店。↓
お世話になっている大切な人へチョコレートを。


f:id:yococot52:20200322075149j:image

なんかこんな記事上げてるとさ


キラキラ系みたいじゃない?


キラキラ✨

へへへへ


f:id:yococot52:20200322075208j:image

たまに、そ~いう気分味わいたいときもあるよー。


なんとなくこーいう行動をしてみたある日の午後。


キラキラ✨

 


f:id:yococot52:20200322075208j:image


日常は


ドタバタと過ぎていく。


そんななかにも


静かな時間を大切にしている昨今。


料理も結構楽しい。


利用者さんから教えてもらった


生揚げとアスパラのチャンプルー↓

 


f:id:yococot52:20200322075355j:image

教えていただいたの、作ってみましたぁーーー美味しかったァァ


それは良かったわあぁ♡♡


そんな何でもないやりとりが


ほっこり幸せ。

 

 


f:id:yococot52:20200322075432j:image


マンゴー。


いろんなことが


ゆっくりだけど実りつつある。


まるでマンゴーのように。豊かになるといいな。


タイ・チャイヤプーム県にて


3年前に苗を植えさせてもらったマンゴー。↑実がなったと。

 
以前はいかにして


キラキラさせて自分を飾り立てるか


なんてことをやっていたけど


本当に大切なことは


自分が


何を感じていて


何が


心地よいのか分かること。


そして、周りではなく


自分に集中しているか


ということだ。

 

 

 


心の声が


本当に聴こえたら

 

それに従うだけ。

 

 

 


そんなふうに生きてたら


キラキラしてる、って言われた。


キラキラ逆説だ。

 

キラキラさせていないのに。

 

飾り立ててもいないのに。

 


憧れです、とか。


こんな所※にいるなんてもったいない、とも。


※今の職場


だけど


「こんな所」が気に入ってるし


好きだから今はここに居る。


こんな所なんて言わないでほしい。


利用してるあなたも、好きな場所でしょう?

 

 

 


どこにいきてようが


上下なんて無いんだ。


そこが


心地よいのかどうか。


それが問題だ。

 

 

 

 

近ごろの感。

介護の世界で働くようになって

 

いつの間にか1年3か月過ぎていた。

 

高齢者さんに、運動や口腔訓練をお伝えする仕事。

 

健康チェックから、飲み物お菓子を提供したり、

 

トイレや移動の軽い介助、口腔訓練の介護保険上の書類

 

雑用や介護的な仕事から事務まで

 

なんでもこなす人。

 

仕事にもなれて

 

個性的なメンバーも大好きで

 

ストレス少なく働けている。

 

所長は自らこーいうイタヅラをしちゃう人。↓

f:id:yococot52:20200302114654j:image
私は

 

ありがたいことに

 

この3月から

 

社員として迎えてもらえることになり

 

仲間に加わることができて

 

なんか、うれしい。

 

身が引き締まる思いもするし

 

肩の力を抜いていこう、という自分もいる。

 

 

 

 

府中の森美術館のチラシをいただいた。

 

空っぽに満たされる。

 

なんか、いいな、この言葉‥。
f:id:yococot52:20200302114625j:image
絵本作家もされていたアーティスト、桂ゆきさん。

f:id:yococot52:20200302114545j:image
アフリカに住んでいたらしく

 

独特の感性が私の興味を引く。

 

最近のジェニファー。

 

元気だよ〜

 

小説を書いているの。

 

たくさん書いているんだけど

 

まとめることが苦手なのです‥

 

いつになることやら。

f:id:yococot52:20200302114503j:image

 

物騒なタイトルの本を読んでいる。
f:id:yococot52:20200302114604j:image
先週はこんな気分だった。

 

ていうのは半分冗談で

 

エリザベートというミュージカルの曲が好きなので

 

エリザベートについて知りたくて借りてみた。

 

このタイトルの本が

 

図書館で

 

オススメとして長らく飾ってあったから‥。

 

司書さんはどうして、この本をセレクトしたんだろう‥

 

それはさておき

 

イスラエルのコンテンポラリーが気になってる。
f:id:yococot52:20200302114643j:image

小説を書くのが週末の朝の楽しみで

 

ジェニファーが直木賞をとることなんてあったら

 

 

どうする?

 

www.amazon.co.jp

教育する側になるっていう予言が当たりつつある。

仕事が楽しい。

 

新入り看護師さんへの

 

教育係の仕事が増えて

 

責任感<充実感。

 

忙しいけれど

 

自分がやってきたことをたなおろしして

 

いろんな人が自分と同じようにできるようになってくれるために

 

システム化するのはたのしい。

 

自分の頭の整理にもなる。

 

今後来る人のためにもなる。

 

お客さんのためにもなる。

 

 

 

 

冷静に見ると

 

今のジェニファーは鬼に金棒で

 

なぜかというと

 

看護師以外に

 

①運動トレーナー←(20~30代はずっとダンスとウォーキングで体づくりしてきて、かつ後半はウォーキング&腸もみインストラクターしてたから正しい体の動かし方と筋肉&骨&解剖学まかせろ。)

 

②口腔リハビリ(←リハ科出身&セロトニントレーナーで脳トレまかせろ。)

 

ということで

 

口腔体操を教えてお金をもらっているので

 

楽しくあきない口腔体操を

 

全員に教えるバージョンと

 

個別指導バージョンと

 

なん十種類とレパートリーを持っていて

 

ま、これは日々自分で開発しているわけなんだけど

 

そういう

 

神がかり的に、自分の専門として勉強してきたことが組み合わさって

 

今の仕事に生きてるから

 

それを、オ・シ・エ・ル・・・ですと・・・・?????

 

職人的にしごとをしてきたので

 

言葉で説明できるようなものでもないんだけど

 

おらいっちょ、新人さんのためだ、人肌も二肌もぬごうじゃないか。

 

以外に姉御肌なの。

 

というわけで先週から新人さん指導している。

 

指導にあたっては

 

「あせらない、おしえたら、すぐじっせん、そしてかくにん。」

をモットーにしている。

 

ジェニファーOL時代に

 

異常に詳細に、仕事引き継ぎした経験が生きてる。

 

ゆずりんこさんていう、すごい可愛い女の子がジェニファーの公認、じゃないか後任の受付嬢になるというので

 

ゆずりんこさんが困らないように

 

焦らないように

 

って必死にマニュアル作った。

 

かなり細かく。

 

かもたま

 

ププっと笑える絵とか入れて。

 

 

かわいいFちゃんに教えるはとても楽しい。

 

経験て、生きるんだな。

 

田村ジェニファー著 Amazon Kindleで買えます♡

www.amazon.co.jp

 

 

 

 

 

 

大切なことは ドパミンがでなくてむなしいときに どう生きるか。

これ、あげたら喜ぶだろうな。

 

これ、あの人好きだったな。

 

あの人に何あげたら喜ぶかな。

 

そんなことを考えるのが好きだったし今も好きだ。

 

でも。

 

それって

 

自分のドパミンが出るからやってることでもある。

 

セロトニンではない。

 

セロトニンって

 

もっと

 

もっと

 

静かで穏やかなもの。

 

研ぎ澄まされたもの。

 

 

 

 

先の記事に書いたすまいるえみの買い物ドーパミンがいい例だ。

 

ヨガを毎日するようになってちょうど1年。

 

自分の買い物の仕方やお金の使い方も

 

変わってきた。

 

見栄のために買わないし

 

人を喜ばせるために買うことも減った。

 

もちろん、ゼロではない。

 

だけど

 

自分の存在を

 

認められたいからプレゼントするってことは

 

もう、ない。

 

ドパミンは悪者ではなく

楽しく豊かに生きるために必須なもの。

 

ワクワクして、

 

ドキドキして。

 

で、大切なのは、ドパミンが切れたときに

生じる

 

 

虚しさや

 

もの悲しさ

 

やりきれなさみたいな感情を

 

ドパミンをまた出すことで

 

かき消さないごまかさないのが

 

重要なんだ。

 

時には静かにその感情と向きあうこと。

味わうこと。

むなしさの中に自分をうずめてみること。

 

しかしこれは結構きつい。

 

感情のアップダウンの幅を減らす対策1

 

自分の状態がわかっていれば

客観的にみることができて

予測しやすいから

 

むなしさを感じても

 

あーこれねーわかってたよーみたいに。

 

対策2

 

日常的にセロトニンがプワプワでやすいようにしておけば

 

執着が消えていくので

 

あーーー

 

ま、いっかーーー。

 

必要なものは残るしーとか思えてくる。

 

ヨガ後にスッキリして

 

生きてること自体に静かな感謝が湧く感じが

 

セロトニン出てる感覚。

 

心が静かで

 

研ぎ澄まされてて

 

集中しているのに

 

リラックスしている状態。

 

 

 

ドパミンからセロトニンへ。

 

脳内物質と心の仕組み‥

 

しれてよかったな‥

 

 


田村ジェニファー著
ストレスフリーダイエットの本

初出版のため読みづらいかも…もーーーしわけございませんっ。

www.amazon.co.jp