タイから東京出稼ぎ起業家・表現者ジェニファー。のブログ

元駐妻・のち現地採用そしてタイから東京出稼ぎ記録。2児の母だけど1人でタイから東京乗り込むよ。働きながら起業してマジ熱く生きるぴゅあぴゅあジェニファーのブログ。

本気で遊ぶといいことがある たこあげと生き方

バンコクから2時間弱の場所にあるシーラチャーという街に行ってきた。

 

休日家にいると子どもがずっとアイパッドやアイフォンなどに夢中になり

 

どこに誘っても朝から晩までそれをやっているので

 

それは良くない

 

ということで日帰りでどこか海でも行こうと計画した。

 

たまたまとてもお世話になっている友達がシーラチャーの「JPARK」というところで

 

出店するというので

 

会いに行った。

 

いつもいつも癒される人だ。

 

「JPARK」というのはJAPANのJで、ツルハドラッグマックスバリューを皮切りに、日本食のレストランがごろごろ入っていて

 

日本が凝縮されたような空間だ。

 

JPARKについてはおもしろいので別に記事にしようと思う。

 

で、JPARKの後にシーラチャーから15分くらいのところにあるバンセンというビーチに行った。

 

ビーチパラソルの横並びの長さは圧巻で、今までこんなに活気のある海の家は見たことがないほど。

 

20CMはあるエビを目の前で焼いてくれたり

 

普通のタイ料理も食べられる。

 

海の色は、、、

 

鉛色ぽくてキレイとは言えないんだけど

 

うーん、、湘南、茅ケ崎ぽい感じかなあ。茅ケ崎の方がもうちょっときれいかもしんない。

 

2時から4時くらいまで砂浜で遊んでいたんだけど

 

暑過ぎず、でも海の温度はお湯みたいで、ちょうどよかった。

 

この時間は浅瀬になっていて

 

小さい子どもでも潮干狩りや、砂遊びが安心してできるほど引き潮だった。

 

ふと手作りの発泡スチロールの飛行機型の凧が目にはいった。

 

観光地だから200THB(600円)くらいはするかな、と思っていたら

 

70THB(210円)!!!ありがとうおばちゃん!!

 

そして、パッションピンクと原色の緑、黄色、青で鮮やかに塗られた飛行機は

 

ふわっと簡単に空を飛んだ。

 

簡単なつくりだが

 

ちゃんと飛ぶようになっている。

 

つまようじとストローみたいので作られたプロペラがついているし

 

いとは意外としっかりしていて絡んでも取りやすいようにストローの切れ端で固定してある。

 

風が結構強かったので(生暖かいから最高なんだ!)

 

飛行機の凧は、風に向かって高く高く上がっていった。

 

子どものために買ったけど

 

大人も楽しくなって借りた。

 

凧をもって全力で走ってみたかったんだ!!!!!楽しい!!!

 

全速力で砂浜走るって最高!!

 

しばらく凧を眺めていた。

 

凧は向かい風に向かって高く上がる。

 

追い風の方向に流されると低空して墜落する。

 

そんな様子を見て

 

自分の生き方もまたそうだと思った。

 

流されて

 

周りの感覚とかジョーシキとか通念?みたいなものに流されて

 

生きるくらいなら

 

いっそぶち破って

 

向かい風に挑みたい。

 

なにかをいたずらに破壊するとかじゃなくて

 

人の目とか、社会通念とかふつうは〇〇でしょーとかみんなは〇〇でしょーとか

 

そういうこと突き破って自分を出していく勇気

 

向かい風=勇気出して

 

追い風=まちがった努力、がんばり、ジョーシキに逃げる、自分の感覚信じないこと。

 

かなーと。

 

向かい風で、高く高く飛ぶよ。

 

ちなみに、勇気出すだけ。

 

高いところ=自由なところ、かな。ジェニファーにとっては。

 

JPARKについてはまた明日!!!