タイから東京出稼ぎ起業家・表現者ジェニファー。のブログ

元駐妻・のち現地採用そしてタイから東京出稼ぎ記録。2児の母だけど1人でタイから東京乗り込むよ。働きながら起業してマジ熱く生きるぴゅあぴゅあジェニファーのブログ。

のどの痛み 毒だし法

 

ハローカップ!仕事をやめて3日経った。

 

気が緩んだのか、体がだるーくてのども痛い。めんげんだ。※

 

そーいえば、この1年と2か月ほとんど具合が悪い時がなく、風邪もひかなかった。

 

息子がインフルになった時も、隣でごほごほ咳してた時も大丈夫だったし

 

本当に元気に仕事した。

 

気を張っていたのかなぁ。

 

気合いはいってたかなあ。

 

旦那さんの会社の扶養を抜けて

 

「やります!!わたしファミリービザ抜けます!

 

自分でBビザとって働くんです!!」

 

と、たんか切った手前、知らず知らずのうちに気合いが入っていたのかなぁ。

 

でも、仕事をしていると生活のリズムもできるし

 

交感神経と副交感神経のバランスがちょうどいい感じがする。私にとっては。

 

 

退屈がもっとも私の大敵なのだ。

 

自由になった。

 

今はカラダが充電して

 

スーパートルーパー元気になったら

 

またどんなアイデアと、行動をしていくのか、、、

 

自分でも予測ができないほどに

 

パワフルになっちゃう予感。うしし

 

今は、のどが痛いので

 

お水を多めに(1日1リットル~1.5リットル)

 

あまり食べないようにして(お腹すいたら新鮮なフルーツ食べます♬)

 

半身浴30分以上でカラダを温めれば

 

すぐに治るでしょう♬

 

のどが痛い=

 

食べないでくれー。

 

体を修復してるから入れないでくれー。

 

(消化活動で)仕事を増やさないでくれー。

 

というサイン。

 

これがカラダの声だ。

 

カラダのサインに気づくようになりました。

 

めんげんについて過去にこんな日記を書いてました。↓

 

2015年7月、特に上半身に発疹がばーってでて治るまでに2週間かかりました。

 

タイに来て4か月目のこと。

 

2週間前の日曜日、息子孝行しようと思いバンコクの温泉に行ってきました。
 
その日から、壮絶なめんげんが始まったのです…!!
 
※めんげん:
瞑眩(めんげん)とは、血流がよくなって(本来あるべき姿に近づいて)、体内の毒(老廃物や、体内で不要になったホルモンや胆汁酸など、また体内に入ってきた化学物質〈農薬、食品添加物、重金属、薬など〉)を排出する際に起こる反応です。「毒出し反応」あるいは「浄化」と言ってもいいでしょう。
めんげん←詳しくはこちらのサイト分かりやすかったです。
 
なぜ温泉後にこのような状態になったか?
 
①お風呂で身体をあたためた。
②水をたくさん飲みながら浴槽に浸かっていた。
③お風呂の中で腸もみしていた。
 
その他
 
④野菜中心の食事に切り替えて約2年、スムージー生活を始めて4ヶ月。
 
バンコクの冷房がキツイので、冷え取りのための絹靴下を履いている。←冷え取り靴下を履いて約1年。
 
⑥友人の勧めで布ナプキンを始めてもうすぐ1年。
 
こんな風に身体に良いことを続けていたら
 
内臓の毒が表面にでてきてくれたというわけです!
 
めんげん。それはそれは辛くて大変なんですけども、毒物を身体にためておくほど怖いことはないので、
毒を出せる身体になったかと、感動もひとしおです。
 
この2週間なにがおこったかといいますと…
 
 
わたしのめんげん。
 
発熱、猛烈な全身倦怠感←起き上がれないほど、首の痛み、頭痛、喉の痛み、皮膚の表面に湿疹と痒み、鼻水、鼻づまり、ありえないお通じの量
 
ざっとこんな感じで、進行するごとに症状が変わります。
 
タイに来て色んなものを食べて感じてましたからね、身体にちょいと溜め込んだのを、おいおい、と身体が反応し、クリーニングしてくれたのでしょう。
 
英語ではcleansing reactionというそうです。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
苦しかった様子。。。
 
今はたまーーーに頭痛やだるさが来る程度で、その期間はお酒やカフェインを避けて
健康的な食事とからだを温めることを心がけます。
 
2,3日でクレンジングは終わり、ちょーパワフルジェニファーに戻ります。
 
毒を出せるのはいいことだ。
 
読んで下すってありがとう。またね
 
ばいなーら♡