タイから東京出稼ぎ起業家・表現者ジェニファー。のブログ

元駐妻・のち現地採用そしてタイから東京出稼ぎ記録。2児の母だけど1人でタイから東京乗り込むよ。働きながら起業してマジ熱く生きるぴゅあぴゅあジェニファーのブログ。

カンボジア人のやさしさに触れる旅その③ 車窓からの街並みと到着後 珍劇

カンボジアのタクシーに乗ってちょっと驚きは

 

左ハンドル。

 

これもアメリカの影響?

 

右車線を左ハンドルで走る。

 

タイと逆。

 

タイは右ハンドル、左車線を走ります。

 

街並みを思い返してみると①にも書いたけれど

 

AMAZON COFFEE

TOUR LES JOURS

ABC BAKERY←これ初めて見た。

COSTA COFFEE

 

それから

 

中国語で書かれたお店がとても多かった。

 

中華料理のお店だけじゃなくて、銀行や高利貸し?なんだろう中国語で公なんとかって書いてあった。

 

中国語で看板が出てる薬屋さんも見た。

 

町全体の印象として

 

近代的なカフェと

昔からの古めかしい低い建物や屋台と

ビビットカラーの看板が目を引くガソリンスタンドやコンドミニアム

が雑然と、昔と今がコラージュされたように存在している。

 

オシャレなデザイナーマンション的な建物の横に、歴史を感じさせる美しいお寺があったり

 

トゥクトゥクが走り。

 

バイクも走り。←ノーヘルメットも余裕でいる。

 

なんだかそんな雑多な感じが心惹かれる人が多い理由なのだろう。

 

そうして目的地についた。

 

運転手のMr.ボージャングルはとても運転が上手で親切だったので安心感があった。

 

数時間後にまた空港に戻らなくてはならないので、もしよければ迎えに来てもらえないだろうか、と話すともちろんOKといってくれた。(で、最高の笑顔とともに、時間通り迎えに着てくれた。)

 

たまに電話で話していたkくんがさわやかな笑顔で迎えてくれた。

 

挨拶を交わした後に、席に案内してくれた。

 

ジェニファー、自信満々に、「この荷物、20個持ってきたから、数えてみて!」

 

と依頼し、一緒に並べながら数えた。

 

・・・

 

Oh???

 

Only 19.

 

OH MY GOD!!!!

 

HOW STUPID I WAS!!!!

 

20個念入りに数えたつもりだったけど

 

19個しか入ってなかった―

 

きゃー

 

タイから持ってきたのにー

 

20キロ担いで持ってきたのにー

 

1個足りなかったよねー

 

もー♡

 

自分らしくて大うけ!!!

 

K君はべつにウケてなかったけど。

 

責任者のNさんに電話してくれるという。

 

「19個って言ったら怒られるかなーやばっ」

 

とかぶつぶつ言いつつ

 

kくんが事情説明してくれた。

 

その後、Nさんと直接話し、ぜんぜん怒ってなかったーーー><

 

「しゅみましぇええんなんか一個足りないとかほんとすいませーーーん」

 

お詫びしたよ。

 

で、Nさんとはプライベートの連絡先も知っているので

 

これからもKEEP IN TOUCHね!とちょっとプライベートなことも話しつつ

 

再会を楽しみにしてくださっているようだった。

 

ありがたや。

 

世界は、やさしい。